雨キャンプの必需品6選【嫌な撤収・設営にもお役立ち】

RJがキャンプに行くときは必ずと言ってもいいほど雨が降ります。もうなんなんだよ!ってくらい毎回雨です。
そのおかげで雨のキャンプをそろそろ楽しめるようになってきました(嘘)。
しかし、雨キャンプを何度もやってるうちにいろいろと必要なものがわかってきました。
今回は、初心者でも雨のキャンプが楽しめる必需品をいくつかご紹介したいと思います。

ポンチョ

これは基本中の基本ですね。
よくキャンプ場をビニ傘で移動している人をみかけますが、やはり動きづらいですしテンションも上がりません。(ビニール傘もあると便利なので、車に乗せておいて損はないと思います)ポンチョっていろいろなデザインもありますし、あまり荷物にもならないので、持っておいて損はありません。なんなら普段も使えますのでちょっと可愛いポンチョを探してみましょう。でもポンチョってガチで買うとそこそこ高いので注意!所詮雨の時の備えなので、あまり高いものはいらないと個人的には思います。(や、や、やせ我慢じゃないから!!)
ちなみにうちはこれを買いました。

柄がいろいろあって選ぶの楽しかったです!

OUTDOORの。安くてよろしい。
でもホントはスノーピークのこれがほしい…

めっっちゃかっこええやん!!ほしいほしいほしい!!

と、いうわけで…ポンチョ選びではサイズ感を重視したほうがいいです。
大きすぎると袖周りが邪魔で洗い物などやたら大変です。ジャストサイズか小さめのものを選んだほうが動きやすいです。

長靴(レインブーツ)

これは意外と盲点なんですが、あると非常に便利です。夏場はサンダルでそのままってこともありますが、地面が土や芝の場合、足が土まみれになったりとにかく不快になります。
また、本降りになったときなど、長靴があれば最強ですよね。
最近のアウトドア用の長靴はおしゃれなものも増えてきていますし、なによりコンパクトになるものも増えてきました。特に後者は非常に重要で、荷物過多になるキャンプではなるべく軽くてコンパクトになるものを選んだほうが良いと思います。

特にこちらは軽くて小さくてオススメ。デザインも◎
いろいろ見て回ったけどこれが一番しっくりきました。他の商品も折りたたんで小さくできますが、これは圧倒的にコンパクトでした。
ただし、軽くてコンパクトなものは、そのぶん、底が薄かったりします。移動が多いキャンプでは足に負担が結構あります。RJも一日中履いてたら足が痛くて痛くて…
なので、予め中敷きやインソールなどで対策しておくと良いと思います。

サンダル

え?長靴いるのにサンダルも?と思うかもしれませんが、雨がふるとどうやっても必ず濡れるので、サンダルの方がよかったりします。
テントに入る時に履いたり脱いだりすることも多いですから、濡れても困らないサンダルがあると便利です。濡れても拭けばOKですからね。レインブーツは濡らさないためのもので、サンダルは濡れてもよいものという考え方です。トイレとかいちいちレインブーツ大変ですからね!
できればビーチサンダルみたいなものではなく、こういうのがいいです。

ガイロープ・ポール

こちらの記事紹介しましたが、雨ではテントやタープに水が溜まりまくります。これを解消するためには、タープのセンター部分にロープを張って水を逃がす道を作る必要があります。

しかし、大概の場合、タープなどには余分なガイロープやポールは入っていません。自分で用意する必要があります。
RJはめんどくさがりなので、ロープは金具が最初からついたコレを買いましたが、長さがだいぶ長すぎた感がありました。3mでもいいかも。ただ、このガイロープはいろいろな場所使えるので、予備にいくつ持っててもいいと思います。

自分でカットする場合はこういうのを買って作りましょう!(次回はこれにしょう…)

コードスライダーっていうんだね。この金具。初めて知ったw

ポールは高さがいろいろあるので、変更できるタイプがいいかなと思います(組み立てがややめんどいですが)。そしてなるべくスチールではなく、アルミなど軽いものを選びましょう。
うちはコレ買ったよ!

スピーカー

雨音を聞きながら〜なんてのも最高ですが、それはそれでまったりしますよね。まずはテンションを上げるためにも雨音に負けない音楽があってもいいと思いますので紹介しますね。
ちなみにRJは毎回スピーカーを持っていって常に音楽をかけていますよ。
やはりbluetoothのスピーカーが便利ですが、高いのは絶対に必要ありません。キャンプという場所なので、汚れたり壊れたり雨が当たったり、、消耗すること間違いなしw
また野外なので音の良さとかどうでもいいことになるので、できるだけリーズナブルで頑丈なものを選びましょう。正直ドンキホーテとかで売ってるようなやつで消耗品として購入する感じでいいと思います。(そして軽くてコンパクト。コレ重要ですね!)

ちなみに、結構粗悪品に当たることもあるので注意w
自分これ買ったら二回目以降bluetoothが繋がりませんでした。。。

【送料無料】 bluetooth スピーカー 防水 車 おしゃれ お風呂 ハンズフリー通話 大音量 高音質 耐衝撃 アウトドア led イルミネーション ブルートゥース 4.0対応 iphone8 スマートフォン各種対応 KYOHAYA AV WEICOMM SOUND GEAR

でもホントは、、、これほすぃ…。

 

ポータブル電源

小雨ならまだしも、結構な雨の時は基本タープやテントで過ごしますね。そんな時にお役立ちなのがデジタルアイテム達。デジタルデトックスしに行ってるのになんでやねん。って感じですが、RJはキャンプ中にipadでのんびり動画をみたり、kindleで本読んだり、ノートパソコンで記事を書いたり、Switchで遊んだり…そんなデジタルライフが楽しくて仕方有りません!
雨の日はそんなデジタルキャンプが超捗るんですが、ここで問題は、充電ですね。
AC電源付きのサイトなら良いんですが、そうじゃないサイトだと絶望ですね。しかもLEDランタンとかも電気を使うので、充電はしっかりしておきたいところ。
自分はモバイルバッテリーで十分な時はコレ。

でもやっぱり不安な時はコレ。

加島商事 SmartTap ポータブル電源 PowerArQコヨーテタン[ポータブル電源 大容量 USB]

デザインが◎!!
これひとつで1サイト全員分いけると思いますよ。
AC電源付きのサイトでも、雨が降ると使えない(使いにくい)場所も結構あるので、一家に一台あると最強だと思います。
本来は発電機を紹介したいところですが、音がうるさいので使用できないキャンプ場が多いです。また、燃料も必要なため、準備や管理も大変だと思います。都会に住む我々軟弱者には向いてなさそうです…。

雨の設営・撤収に便利な消耗品

・ビニールシート
大きめのビニールシート(ブルーシート)は最低二枚はあると良いです。どちらも雨以外の通常時でも使用しています。
一枚は車の中に引くことで、車の中が傷ついたり汚れるのを軽減できます。もう一枚は、撤収時・設営時に、荷物を一時的に置くためのものです。

・雑巾
雨じゃなくも必要だと思いますが、雨の日はもっとあってもいいですね。捨ててこれるように、100均とかでいっぱい買っておきましょう!

・ゴミ袋
実は雨の撤収は時間との勝負だったりします。特に雨脚が強くて弱まりそうもない時は、テントやタープ、その他濡れてしまったものや泥まみれのものたちを速やかに畳んで、ケースなどに仕舞わずにゴミ袋に放り込んじゃいましょう。もはや、あとで処理するしかありません。。
ゴミ袋でもいいですが、IKEAの袋みたいなものだと頑丈でいいです!できれば多めにもっていきましょう。

・ほうき
雨の撤収時にお役立ちです。テントやタープって大きいから真ん中や上の方、届かないんですよね。
ゴミを払ったり、水を払ったり、いろんな場面で使えます。マストアイテムです。

・マイクロファイバー
吸収性と速乾性にすぐれています。雑巾と併用してもっておくといいと思います!

・カッパ(セパレート式)
ポンチョとは別にドン・キホーテとかでも構わないので、カッパもあると便利。ポンチョはどうしても動きづらいので作業には不向き。本降りの雨で外の作業が必要な時に、セパレート型のカッパが便利。そんなに邪魔にならないので、買っておきましょう。

↑ドシャ降りすぎた図。。。。

まとめ

雨の日はテンション下がりますが、雨用ギアを備えておけば、それなりに楽しく過ごせます。むしろ、仕方ないのでやせ我慢して楽しむしかないですw
最初のうちは設営・撤収にどうしても時間がかかりますが、なれてくれば幾分か手際がよくなります。
ま、それでもやっぱり雨は嫌ですけど…ね!
では!また!